読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発泡スチロールのリサイクルはより多くの人々によって行われるべきである

プラスチックとして、私たちが毎日使っている多くの製品では、発泡スチロールが広く使われていますが、残念ながらリサイクルするのが最も難しいプラスチックの1つです。発泡スチロールの廃棄物の影響から環境を保護する最良の方法は、使用を中止することです。しかし、それは世界がまだ準備を整えていないことです。したがって、発泡スチロールをリサイクルする努力は非常に重要です。

実際に約98%の空気があなたの周りに見ることができる発泡スチロール。発泡スチロールは空気のほかに、ポリスチレンと呼ばれるプラスチックを作る油でできており、ポリスチレン製品の底に樹脂識別コード6が印刷されています。毎日使用する多くの製品で使用されていますが、多くのリサイクル施設ではポリスチレンプラスチック製品を使用できないため、リサイクルは非常に困難です。

発泡スチロールは、さまざまな品目で使用されています。あなたが取り出した食べ物や飲み物を注文したことがある場合、それらを保持してお湯や冷たい状態に保っている容器やカップはポリスチレン製です。

さらに、肉、魚および他の魚介類などの多くの食品は、食料品店のポリスチレントレイに貯蔵される。そのようなかさばる材料は、店長のほとんどにトラブルをもたらすかもしれない。そのため、効果的な発泡スチロールのリサイクルソリューションは、環境保護と世界の資源を節約するために、より多くの人々によって実行されるべきです。

ポリスチレンコンパクターは、自分で泡をリサイクルするのに役立ちます

2016年には、5600万ポンドのポリスチレンフォームがリサイクルされました。これは、毎年使用される発泡スチロールの約10〜12%です。ポリスチレンフォームリサイクルの最大の問題は、多くのリサイクルプログラムやセンターがポリスチレンフォームを受け入れないことです。このため、ポリスチレンをリサイクルする他の方法を見つける必要があるかもしれません。

ご使用のリサイクルプログラムまたは地元のリサイクルセンターに連絡して、ポリスチレンを受け入れるかどうか、またはインターネット上の地域でポリスチレンフォームのリサイクル施設を確認してください。あなたのコミュニティにドロップオフサイトがあっても、その多くはピーナッツ梱包材のみをリサイクルします。

コミュニティにドロップオフサイトがなく、ポリスチレン発泡材料が大量にある場合は、自分でリサイクルすることもできます。

あなたは、発泡材を処分するためにプロのマシンを使用するなどの効果的な解決策を見つけることを試みることができます。 GREENMAXによって供給可能なポリスチレンコンパクターは、緩い泡を50:1の小容積および高密度ブロックに圧縮することができる機械である。

発泡スチロール減容機は、発泡体を小片に粉砕し、その圧縮システムを用いて発泡体を高密度ブロックに圧縮することができる。そのようなプロセスは、わずかなエネルギー消費を必要とするだけである。圧縮されたブロックは簡単にリサイクルに送られ、他の製品を作るために再利用することができます。

発泡スチロールのリサイクルには、人々の関心が高まる市場があります

世界はそれが使用するプラスチック包装のわずか14%をリサイクルします。さらに悪いことに、プラスチックのうち8百万トン(その多くは梱包されている)が毎年海洋に生息し、動物や環境に非常に有害である。プラスチックの中には、何十年にもわたって汚染された海洋を持つ工業用化学物質と結合するものもあり、毒素が食物連鎖に入り込む可能性が懸念されています。

廃プラスチックの残りの86%をリサイクルすると、800億〜120億ドルの収入が生まれる可能性があります。しかし、これらの収入は、材料が汚染されているか、または回収が容易でないためにリサイクルされていないプラスチックパッケージの30%(重量による)を分解して再利用する新しい方法を設計しなければ、決して完全に達成されることはありません。容易に分離できない複数の材料。

ポリスチレンは、通常、発泡スチロール製カップ、ピーナッツ包装、硬質赤色ピクニックカップなどの製品に作られています。大企業は、98%の空気であるこのリサイクル可能な材料を処分する効率的な方法を開発している。

発泡スチロールのリサイクルは非常に簡単です。発泡スチロールの量を減らすのに役立つプロフェッショナル機器を見つけたら、スチロフォームをリサイクルするのに最適です。緩やかな発泡スチロールのほとんどは埋立処分場に送られるか廃棄されるかもしれませんが、リサイクルはこれまでのところ最も環境的かつ経済的な方法です。

そして最近、市場機会は、発泡スチロール減容機事業に関心を持っている若い若い企業を引き付けています。最近、リサイクルされた発泡スチロールは世界中で大きな需要を抱えています。それは造粒して他の製品を作るために使用することができるからです。知っているように、世界の資源を救い、環境を守るためには、リサイクルが最も歓迎されなければなりません。

発泡スチロールのリサイクルは潜在的なリサイクル業者にとって貴重なビジネスです

発泡スチロールは100%リサイクル可能です。それは汚染を最小限にするため廃棄物流に入る前に分離し、他のリサイクル可能な物質のためのビン容量を吸収しないようにすべきである。発泡スチロールのスクラップは、リサイクルする前に廃棄物流内の他の物質から分離しなければならない。

発泡スチロールは軽量なので、輸送コストはリサイクルの主要な要素です。発泡スチロールの廃棄物処理要件は、通常、リサイクラによって決定されます。最も一般的には、発泡スチロールのスクラップは、輸送前にゆるやかな形態で梱包されています。近年、多くの発泡スチロールを使用している企業は、リサイクル業者と積極的に協力して輸送費と回収費を支援しています。

リサイクラーは、発泡スチロールの量を減らすために、プロの発泡スチロール減容機を使用します。コンパクタやデンシファイヤのような機械は、どちらも高い比率で動作することができます。圧縮または緻密化された発泡スチロールは、パレットにストックされ、リサイクルされるために販売されます。

収集された発泡スチロールは造粒機に供給され、リサイクルプロセスが完了します。次いで、造粒された材料はホッパーに供給され、そこでホッパーは連続した長さに圧縮される前に貯蔵される。この圧縮された材料は、パレタイゼーションに適した長さに分解される。パレット化されると、材料は出荷準備完了です。全体のプロセスはすべてあなたに利益をもたらすことができます。また、スチロフォームリサイクル業界に参加したい場合は、今すぐに開始するのがよいでしょう。

どのように使い捨ての発泡スチロールボックスのリソースの無駄を減らすために?

使い捨ての発泡プラスチック製のランチボックスとビニール袋を使って食品を入れると、私たちの健康に深刻な影響を与えます。温度が65℃に達すると、有害物質が食品に浸透し、肝臓、腎臓、中枢神経系に害を及ぼします。

ビニール袋と弁当箱の両方が白い汚染を引き起こす可能性があります。それらは劣化するのが難しく、燃焼中に廃プラスチックが多くの有毒ガスを放出し、環境に重大な害を及ぼすことがあります。同時に、多数の泡立て器には、過度の有害物質濃度が含まれています。

非適格の使い捨ての弁当箱は、主に工業用炭酸カルシウム、パラフィンおよび他の有毒物質を多数含み、廃プラスチックも使用しています。使い捨てのお弁当基準を満たしていない長い間、工業用炭酸カルシウムを大量に使用すると、体の代謝系に悪影響を及ぼします。

私たち皆が知っているように、中国の環境問題は非常に深刻であり、環境問題の悪影響が私たちを襲ってきました。中国は、プラスチック製品の世界トップ10の生産と消費の一つです。そして、これらの廃プラスチックをどのように処理するかが緊急の問題です。使い捨ての発泡スチロール箱のリサイクルは、この問題に対処できる良い方法です。

GREENMAXはINTCOのリサイクルに属し、廃棄プラスチックを扱う発泡スチロール減容機の多くの種類があるので、問題をうまく解決することができます。ランチボックスやビニール袋を特に扱うメルターマシンがあります。この装置は、まずこれらのボックスを押しつぶしてから加熱して押し出した後、90:1の体積減少比で緻密なインゴットになります。

そのため、溶かされたカップは輸送が容易で、環境への汚染がほとんどありません。その後、造粒、精製、塗料、建材などの資源を再利用することができます。リサイクルは「視覚的汚染」を回避するだけでなく、資源の圧迫を軽減し経済的利益を得るために「潜在的害」を解決することもできます。

ポリスチレンは、処理するのが簡単でリサイクルしやすい素材の一種です

ポリスチレンは、成形、発泡、包装、断熱および建設に使用できる軽量材料です。

ポリスチレンフォームは、おそらく一般的にリサイクルされていない最も一般的に使用されるフォーム包装材料の1つです。これにより環境と規制に関する厳しい監視が行われていますが、リサイクル部門の一部の企業や団体は、消費者がこの材料をリサイクルできる機会を増やすことに注力しています。

要するに、ステークホルダーは、泡をリサイクルする機会を提供することで、迂回目標に達するのを助けることができることを発見しています。また、特定のマテリアルリサイクル施設では、泡に焦点を当てて居住者や顧客の期待を満たすことができます。

ポリスチレンは、硬く剛性があり透明な熱可塑性プラスチックであり、日常生活の中で包装、断熱材、玩具、家電製品や建築用に使用されています。このプラスチックは簡単に加工でき、リサイクルも簡単です。

かさばるフォームを廃棄するのを助けるためにリサイクル装置を使用するなどのポリスチレンリサイクルソリューションが最も可能な解決法です。コンパクターやデンシファイヤーのようなリサイクル機はプロの機器です。そのような機械は、INTCOのリサイクルからGREENMAXによって供給することができる。

これらのマシンは、ストレージスペースと輸送コストを節約できるだけでなく、利益をもたらすことができます。わずか数トンの圧縮ブロックや高密度インゴットがコストを元に戻すことができるためです。あなたが知っているように、それらの発泡スチロール減容機では、ポリスチレンのリサイクルは簡単なプロセスになります。

リサイクル発泡スチロールは環境にやさしく白い汚染を減らす方法です

発泡スチロールはダウケミカルの商標です。それは、その優れた耐水性、軽量、断熱、低吸湿性、耐久性のために包装に広く使用されています。発泡スチロールは国家経済において重要な位置を占めています。

近年では、白い発泡材料の使用の急激な増加に伴い、廃泡は環境を真剣に汚染している。発泡スチロールプラスチックの大半は使い捨ての使用であることが知られており、使用後に何百万トンもの白いゴミが自然に捨てられています。しかし、それは自然に分解することができないので、深刻な環境汚染を引き起こす可能性があります。それだけでなく、再生不可能な資源の無駄を引き起こす可能性もあるので、リサイクル・スチロフォームは環境汚染の少ない白い汚染を減らす方法です。

発泡スチロールのリサイクルについては、現状では、発泡スチロールのリサイクル方法は、発泡スチロールで圧縮して発泡スチロールをコンパクトにし、輸送の利便性を高めています。

GREENMAX発泡スチロール溶融機は、すべての種類の発泡スチロールを高い比率90:1でEPSブロックに効率的に圧縮することができる一種のリサイクルマシンです。その後、PSペレットに造粒して、明るい色のフレーム製品を作る。写真フレーム、眼鏡フレーム、壁パネル、その他の装飾材料など。この装飾は、多くの利点、耐水性、耐虫性、耐食性、美しい多様性を持ち、再び再利用することができます。

発泡スチロールのリサイクルだけでなく、白い汚染を減らすことができますもリソースを節約します。これは、発泡スチロールをリサイクルする価値があります。